喉が乾燥してしまう原因は?

MENU

喉が乾燥してしまう原因は?

生活している空気が乾燥していると、目には見えないホコリや風邪の原因となるウイルスが空気中に浮遊します。

 

それを知らずのうちに吸い込んでしまい、喉が乾燥してしまう事によって、喉や鼻の粘膜に付着し炎症が起こります。

 

つまり喉の乾燥をケアしていく事が大切です。

 

喉が乾燥する事で、喉の痛みや咳、鼻水鼻づまりなどの症状に悩まされます。

 

こういった風邪の症状は、年間を通して見られますが、特に冬場は顕著に現れます。

 

また冬場は寒さ対策のために布団を多くかけたり、重ね着をするなどの、ホコリを発生させやすくする行動をとらざるをえません。

 

寝起きに喉の痛みを感じる理由は?

また、寝起きに喉の痛みを感じる人が多くいますが、これは就寝中に無意識に口呼吸となっていて、喉の乾燥による、粘膜にホコリが必要以上に付着してしまうことで引き起こります。

 

日常生活は基本的に鼻呼吸ですからそこまで痛みを感じませんが、寝起きに喉の渇きや違和感・痛みを感じるのはこのためです。

 

また、口呼吸をすることによって、朝方の冷たい空気か肺に直接流れ込むことによって負担がかかり、咳がひどくなることがあります。

 

逆に鼻呼吸だと粘膜と毛でウイルスやホコリをキャッチし、冷たい空気が肺に入るまでに少し温めてくれるため、被害が少なく済んでいます。

 

しかし寝ているときに意識して鼻呼吸にすることは、とても難しいことです。

 

適度な湿度で喉の乾燥を防ぎましょう

そのために必要なのが、部屋の湿度なのです。

 

そもそもウイルスやホコリが浮遊するのは乾燥した空気が原因ですので、その空気自体を潤し浮遊しづらくすれば、結果的にホコリやウイルスを吸い込む確立が減り、風邪などの症状を予防できます。

 

また、就寝時は体の様々な機能が休むため、体温が少し低くなります。

 

そのため就寝時は若干抵抗力が弱まりますので、マスクを着用して就寝することも良い予防策と言えるでしょう。


敏感肌に良い化粧水ランキング | 喉が乾燥してしまう原因は?


▲喉が乾燥してしまう原因は? 上へ戻る