バスタイムに簡単保湿していきましょう

MENU

バスタイムに簡単保湿していきましょう

特別に「保湿しなければ!」と決意しても、手順が面倒だったり用意するものがたくさんあったりと、考えるだけでもちょっと無理かも…と思ってしまいます。

 

マッサージも調べたり動画を見ても覚えるのも大変だし、プロのように効果を得ることは難しいですね。

 

なので、お風呂でできるマッサージ+保湿ケアを紹介します。これで小顔美人!を目指しましょう。

 

用意する道具はラップと普段使用している乳液だけです。思い立ったらすぐに用意できるものですね。

 

まず、洗顔をしたあと乳液を塗布します。

 

いつもよりも多めに、500円玉ほどの量を出し、手のひらで伸ばしながら温めたほうが効果的です。

 

ラップを用意して活用する

そのあと、ラップを顔の横幅と同じサイズのものを2枚用意します。

 

入浴前に用意しておくとスムーズに行えます。1枚を鼻から上に、もう1枚を鼻から下に貼り付けます。

 

2枚に分けることによって鼻のところは空間がありますので、呼吸も問題なくできます。

 

そのまま10分ほど放置します。お気に入りの入浴剤などを使用すると、気分も良くになりそうですね。

 

時間が経ったらラップを剥がして、残った乳液を指の腹で馴染ませます。

 

洗い流す必要はありませんが、ベトつき感が気になる人は流しても問題ありません。

 

毎日行うこともできますし、週に1度のペースでも大丈夫です。

 

お風呂で密封パックをすることによって、体から温められ血行が良くなり、湯気によって乳液が浸透するのを手助けする仕組みがあります。

 

注意点は、入浴中は水分が蒸発しやすいのでこまめに水分補給をすることと、あがったあとも必ず水分をとるようにしましょう。


敏感肌に良い化粧水ランキング | バスタイムに簡単保湿していきましょう


▲バスタイムに簡単保湿していきましょう 上へ戻る