忘れがちな手の保湿

MENU

忘れがちな手の保湿

家事や仕事に関係なく水周りの作業をしていると、手はすぐに荒れてしまいます。

 

そのまま放置しておくと、あかぎれやササクレなどができてしまい、痛くて辛いものです。

 

そのため、作業を終えたときにはすぐに手の保湿をすることが不可欠です。

 

しかしハンドクリームを塗っても、またすぐに水周りの作業があるため意味がない…と悩んでいる人も多いかと思います。

 

私の母も家庭内の水回りの作業が繰り返しあるため、ハンドクリームを塗るのを怠っていたところ、皮膚が厚くガサガサになり、市販のクリームでは保湿が難しい状況にまで進行してしまいました。

 

そのため冬になる前から手の保湿を心がけていきましょう。

 

水周りの作業をするときはゴム手袋を活用して乾燥を防ぐ

そのためにできることは、保湿を行ったあとに水周りの作業をするときはゴム手袋を使用しましょう。

 

最近はスーパーや100円均一などでも扱っており、入手しやすいものです。

 

また安い価格で購入でき、耐久性もあるので長く使えそうです。

 

稀にゴムでも手が荒れてしまうことがありますので、作業終了後はハンドソープで手洗いを行い、ハンドクリームを塗って木綿でできた手袋などを装着して保湿力を高めます。

 

先に挙げた母もこれを長く続けたおかげで、多少はハンドクリームが浸透しやすい皮膚へとなってきました。

 

また、紫外線や外の冷たい空気にも手は晒される機会が多いものです。

 

携帯用のハンドクリームを持ち歩き、気になったらすぐに塗れると良いですね。

 

手洗いをして清潔にしてからハンドクリームを使いましょう。

注意したいのは、きちんと手洗いをして清潔にしてからハンドクリームを使用することです。

 

汚れた手にクリームを塗っては直接肌に浸透する分が少なくなってしまいます。

 

手は人と会うとき、作業をするとき、色々な場面で酷使しています。

 

そのため、感謝を込めてお手入れしてあげましょう。


敏感肌に良い化粧水ランキング | 忘れがちな手の保湿


▲忘れがちな手の保湿 上へ戻る