保湿成分の種類と違いは?

MENU

保湿成分の種類と違いは?

美肌効果が期待できる保湿成分として、ヒアルロン酸は馴染みのある言葉だと思います。

 

ヒアルロン酸の効果は、細胞と細胞の間を補うことによって、水分の蒸発を防ぎ潤いを保つことができることです。

 

また、保湿目的以外にも関節の間にも効果があり、なめらかに関節を動かす手助けをしています。

 

このヒアルロン酸の100倍以上の効果が期待できるのが、「プロテオグリカン」です。

 

これは美容業界で内閣総理大臣賞を受賞するなど、安全面や効果面でも期待されている成分です。

 

肌から直接摂取するタイプとサプリとして口から摂取することができる、画期的な成分です。

 

身近なアミノ酸も保湿できる成分として知られている

体内部から保湿力を高めるものとして、アミノ酸が挙げられます。アミノ酸も有名な成分だと思います。

 

アミノ酸はたくさんのサプリや飲料水として摂取することができますので、抵抗感が少なく手頃に購入できるというメリットがあります。

 

肌の水分を保つために大切なのは、保湿成分を摂取することもありますが、摂取した成分を保持する力が必要です。

 

それには、セラミドが効果的です。

 

肌に対して外部からの刺激から守り、乾燥した空気から肌の水分が吸い取られるのを守ってくれる働きがあります。

 

もともと皮膚炎の人のために発明されたものなので、安心して摂取することができます。

 

冬場の乾燥のお供と言えば、ワセリンを挙げる人も多いと思います。肌の乾燥を防ぐことや、冷たい空気やホコリなどから肌を守ってくれます。

 

また、乾燥肌にとって大敵である洋服の擦れからくるかゆみにも活躍します。


敏感肌に良い化粧水ランキング | 保湿成分の種類と違いは?


▲保湿成分の種類と違いは? 上へ戻る