腸の働きと敏感肌の関係は?

MENU

腸の働きと敏感肌の関係は?

私たちがお肌の調子が悪くなってしまうとどうしてもスキンケアばかりに着目してしまいがちですが、実はお肌の調子が悪くなってしまう原因の一つに腸の働きが関係していることがあります。

 

腸というのは私たちの体の中で免疫力を作り出してるという働きがあります。

 

免疫力が下がってしまえば当然肌の免疫力も下がってしまいますので、いろいろな刺激を受けやすくなってしまい、トラブルが起きてしまいます。

 

最近では、一時的に肌の調子が悪くなってしまうようなことをゆらぎ肌と言ったりしますが、そういった状態になってしまっている肌というのは腸の働きが悪くなっていることが考えられます。

 

ですからゆらぎ肌かもしれないと思った時には、しっかりと腸内環境を整えてあげることが大切だと思います。

 

腸内環境を整えるためにはビフィズス菌を摂取してあげたり、しっかりとした食生活を送ってあげるようにするだけで良いのでとても簡単だと思います。

 

スキンケアを行ってもお肌の状態が良くならないという場合は、腸内環境が悪くなっていないかどうか自分で確認してみましょう。

便秘でも肌の調子は悪くなる

特に便秘をしているようであれば、老廃物が蓄積されていて、活性酸素がたくさん発生しているという可能性がありますから、活性酸素に邪魔されてしまって肌のターンオーバーや免疫力が低下している可能性が考えられます。

 

また活性酸素は毛穴が詰まっているときはニキビにつながりやすいので活性酸素を除去する能力と関係している腸の働きを高めて免疫力を向上させておくというのがよいでしょう。

 

また消化吸収が良くなるので体重が増えそうですが、熱エネルギーという消化するときに熱が生じやすくなるので、体の内部から温かくなりやすいから代謝が良くなって太りにくくなります。

 

腸の働きというのはお肌にとても大切なものなので、常に腸内環境を整えておくように心がけましょう。そうすればいつでもお肌の状態が安定してゆらぎ肌に悩まされる心配もなくなります。


敏感肌に良い化粧水ランキング | 腸の働きと敏感肌の関係は?


▲腸の働きと敏感肌の関係は? 上へ戻る