クレンジングや洗顔で敏感肌だと注意点する点は?

MENU

クレンジングや洗顔で敏感肌だと注意点する点は?

敏感肌の人というのはどのようなスキンケア商品を使っても刺激を受けてしまったりすることがありますが、一番大切なスキンケアというのはスキンケアの基本でもある洗顔やクレンジングになります。

 

例えばオイルを使ったクレンジングでお肌を洗ってしまった場合には、オイルクレンジングが肌に大切な皮脂を溶かして全て落としてしまうので、お肌が乾燥した状態が続いてしまいます。

 

また洗顔をする際にもお肌をごしごしとこすってしまうような洗顔はお肌を刺激してしまうだけになってしまうので、汚れが落ちると言うよりもお肌を守ろうとする機能のほうが強く働いてしまいます。

 

このような状態になってしまうと、しっかりと汚れを落とすことができませんので、いつまでも汚れが蓄積されてしまい、お肌が汚いままになります。そうなるとお肌のバリア機能がしっかりと働かなくなってしまうので敏感肌の状態がどんどんひどくなります。

オイルを使用しないクレンジングを使う

敏感肌の人がクレンジングや洗顔で気をつけることというのは、まず、クレンジングを行う際にはできるだけオイルを使わずにクレンジングをすることが大切です。

 

石油系界面活性剤などが刺激となるので、植物性オイルが主成分のオイルクレンジングだと刺激が少ないので良いです。

 

石油系界面活性剤が豊富に含まれているタイプであれば、オイルであれ、リキッドであれ、ミルクであれ、脱脂力が強すぎて肌のバリア機能が低下しやすいので、石油系界面活性剤が多く配合されていないクレンジングを使用していくことが大切になってきます。

 

それから洗顔をする時にはお肌をこすらなくて良いように、しっかりと泡が出来てくれるような洗顔石鹸を使うようにしてください。

 

界面活性剤が配合されているようなクレンジングや洗顔料というのはお肌には刺激を与えてしまいますので、界面活性剤が使われていないものも選ぶようにすると天然成分がお肌の汚れだけを落としてくれるので、肌のバリア機能が低下してしまうことはありません。


敏感肌に良い化粧水ランキング | クレンジングや洗顔で敏感肌だと注意点する点は?


▲クレンジングや洗顔で敏感肌だと注意点する点は? 上へ戻る