サイトマップ

肌の水分量を増やす方法は?

肌の水分量が足りていないと、ハリがなくなってたるみやシワが出来てしまいますし、ターンオーバーが低下するため肌トラブルが起きやすくなります。

 

また、うるおいがないのでツヤや透明感がなくなったり、乾燥肌になってしまうこともあります。

 

このような状態にならないためには、スキンケアでたっぷりと水分を蓄えられる肌作りをしていかなくてはいけません。

 

肌の水分量を維持するために化粧水の付け方が大事

そこで重要となるのが、化粧水のつけ方です。

 

洗顔後に化粧水を手やコットンで馴染ませるというのが一般的ですが、残念ながらこれではしっかりと浸透していません。

 

化粧水はほとんどが水分なので、つけると同時に大半が蒸発しているため、肌に浸透しているのはほんの僅かな量です。

 

ですから、2回から3回、時間をおいて重ねづけをする必要があります。

 

ただし乾燥肌気味の場合はキメが乱れているため、ただつけるだけでは肌に浸透しないので、ローションパックをするようにしましょう。

 

柔らかいコットンにたっぷりと化粧水を染み込ませたら、顔にまんべんなく乗せて5分ほどパックしてください。

 

5分以上続けていると、コットンが乾燥し逆に肌の水分を奪ってしまいます。

 

さらにコットンの上からラップをすると、水分が奪われるのを防ぐ効果とスチーム効果が得られ、より効率よく浸透させることができます。

 

パックが終わったら、再度化粧水を手のひらにとって、ハンドプレスをしながら浸透させる、というケアを2回から3回ほど行いましょう。

 

肌がひんやりして、手のひらに吸い付くようになったら水分が蓄えられているサインです。

 

最後は乳液とクリームでしっかり蓋をします。

 

エイジングケアや美白ケアなどを加えたい場合は、乳液の前に美容液をつけてください。

 

肌の水分量の維持に化粧水はやっぱり欠かせない

最近のスキンケアでは美容液の方が重要視されていますが、水分量を増やす基本はやっぱり化粧水です。

 

化粧水は肌にうるおいを与えるという役割を持っているので、つけ方を変えるだけで肌の水分の蓄え方がぐんと変わりますから、とにかくたっぷり使って時間をかけて浸透させましょう。

 

関連ページ

指全体を使用して洗顔を行うのが敏感肌では大事?
お茶石鹸は敏感肌でも使える?
肌の水分量を増やす方法は?
肌の水分量を増やすのに良い化粧品の成分は?
敏感肌に良いデトックスや浮腫みに良い入浴方法は?
クレンジングや洗顔で敏感肌だと注意点する点は?
ゆらぎ肌の主な特徴は?
超敏感肌の場合に洗顔方法で気をつける事
腸の働きと敏感肌の関係は?
肌のバリア機能とはそもそも何?
固形石鹸の良さや質は高い?
敏感肌だと出来やすい目尻のシワを解消しよう
敏感肌にも良い保湿クリームを活用しよう
インナードライ肌の原因や特徴
敏感肌でも使いやすい石鹸シャンプーの魅力は?
敏感肌の方におすすめのアミノ酸シャンプー
敏感肌でもあるTゾーンのテカリのスキンケアは?
敏感肌にも良いビタミンC誘導体で肌のハリを改善
アヤナス〜ディセンシア(DECENCIA)〜トライアルセットの魅力と特徴
つつむトライアル〜ディセンシア(DECENCIA)〜肌が赤くかゆい季節の変わり目などに使いやすいトライアルセットの特徴と魅力は?
サエル〜ディセンシア(DECENCIA)〜敏感肌でも出来やすいシミ・くすみ美白ケアに使いやすいトライアルセットの魅力と特徴は?
ライスフォース〜乾燥しやすい敏感肌の保湿に使いやすい化粧品トライアルセットの魅力と特徴〜
美容の事を考えた場合には化粧水はたっぷりと使おう
スキンケアに良いプラセンタについて
アミノ酸を摂取して肌を良くするには?
美白というと?
石鹸を泡立てて使用したほうが好き?
自作の石鹸を作る方が増えている?
もっちりクレンジングはしっとり系
使用する石鹸は気を使ってきました
必要以上に洗顔を行わないのも大切?
自宅で手軽に行えるピーリングなどについて
肌の調子は腸や肝臓などにも関係している?
オールインワンゲルで簡単にスキンケアしていきたい
乾燥肌というのは、どのような状態の事を言う?

敏感肌に良い化粧水ランキング