サイトマップ

お茶石鹸は敏感肌でも使える?

お茶石鹸

お茶石鹸は何かと美白に良いとか言われていますよね。

 

美白というのコスメなどでは刺激が強い傾向にあるので敏感肌だと使いにくい印象があるかもしれません。

 

美白系のコスメの場合にはラインでも洗顔料が付いてきますが、洗顔料だけお茶石鹸という事はほとんどないと思うので、石鹸だけ単品で買ったりすることもあるかもしれません。

 

お茶といっても烏龍茶などお茶の種類は豊富ですが、やはり緑茶の緑色した深い香りを楽しみたいと思う事もあるかもしれません。お茶石鹸は敏感肌の方でも使用しやすい傾向にあるかもしれません。

 

一般的に緑茶というのはカテキンやビタミンCが豊富です。

 

美白で刺激になりやすいのは、アルブチンやハイドロキノンなどの有効成分なので、石鹸にあまり含まれていない成分ですが、お茶石鹸に含まれている場合には使用しずらいと言えるかもしれません。一般的なお茶石鹸であれば基本的には大丈夫でしょう。

 

緑茶に豊富なカテキン

お茶石鹸

そもそも緑茶にはカテキンが入っています。このカテキンは渋みがある成分です。

 

緑茶を飲む場合にはカテキンは殺菌作用があるといわれています。

 

お寿司を食べる際も緑茶であることが多いですよね。

 

スキンケアでカテキンを活用するとシミの原因となりやすいメラニン色素の生成を防いでくれます。

 

メラニンの生成を抑えてくれるという事はシミ自体は薄くならないかもしれませんが、シミ予防にはつながるかもしれません。

 

潜在的なシミが大きくなると表面に出てくるようになるので、シミを増やしたくない方やシミを大きくしたくない方に良いかもしれません。

 

ビタミンCも緑茶には豊富

お茶石鹸

お茶石鹸にはビタミンCも豊富に入っているので、美白化粧品などビタミンC誘導体なども多く配合されている傾向にあることから天然にお茶に含まれている成分がシミなど美白に効果的な成分が豊富というのが分かります。

 

またサポニンというのも含まれていて油を溶かす作用があります。

 

肌に日々溜まりやすい皮脂汚れなども落としやすいので、清潔感が保てます。お茶がメタボなどにも効果的と言われているのもカテキンに加えてサポニンの影響もあるかもしれません。

 

敏感肌の場合にはバリア機能が低下した状態なので雑菌などもわきやすい可能性もあることからカテキンなど天然の殺菌作用が含まれた石鹸は相性が良いかもしれません。

 

しかしあくまでお茶石鹸全般の話なので、製品ごとに成分などお茶以外の部分や石鹸素地の原料の違いなどが含まれているので、敏感肌に対してより良いかどうかは、製品ごとに異なってくるでしょう。

 

関連ページ

指全体を使用して洗顔を行うのが敏感肌では大事?
お茶石鹸は敏感肌でも使える?
肌の水分量を増やす方法は?
肌の水分量を増やすのに良い化粧品の成分は?
敏感肌に良いデトックスや浮腫みに良い入浴方法は?
クレンジングや洗顔で敏感肌だと注意点する点は?
ゆらぎ肌の主な特徴は?
超敏感肌の場合に洗顔方法で気をつける事
腸の働きと敏感肌の関係は?
肌のバリア機能とはそもそも何?
固形石鹸の良さや質は高い?
敏感肌だと出来やすい目尻のシワを解消しよう
敏感肌にも良い保湿クリームを活用しよう
インナードライ肌の原因や特徴
敏感肌でも使いやすい石鹸シャンプーの魅力は?
敏感肌の方におすすめのアミノ酸シャンプー
敏感肌でもあるTゾーンのテカリのスキンケアは?
敏感肌にも良いビタミンC誘導体で肌のハリを改善
アヤナス〜ディセンシア(DECENCIA)〜トライアルセットの魅力と特徴
つつむトライアル〜ディセンシア(DECENCIA)〜肌が赤くかゆい季節の変わり目などに使いやすいトライアルセットの特徴と魅力は?
サエル〜ディセンシア(DECENCIA)〜敏感肌でも出来やすいシミ・くすみ美白ケアに使いやすいトライアルセットの魅力と特徴は?
ライスフォース〜乾燥しやすい敏感肌の保湿に使いやすい化粧品トライアルセットの魅力と特徴〜
美容の事を考えた場合には化粧水はたっぷりと使おう
スキンケアに良いプラセンタについて
アミノ酸を摂取して肌を良くするには?
美白というと?
石鹸を泡立てて使用したほうが好き?
自作の石鹸を作る方が増えている?
もっちりクレンジングはしっとり系
使用する石鹸は気を使ってきました
必要以上に洗顔を行わないのも大切?
自宅で手軽に行えるピーリングなどについて
肌の調子は腸や肝臓などにも関係している?
オールインワンゲルで簡単にスキンケアしていきたい
乾燥肌というのは、どのような状態の事を言う?

敏感肌に良い化粧水ランキング