インナードライ肌の原因や特徴

MENU

インナードライ肌の原因や特徴

女性の肌タイプは人によって様々で、大きく分けて乾燥肌とオイリー肌、そして混合肌に敏感肌があります。

 

ところが最近、肌表面は脂浮きがするのに、内側は実はとても乾燥しているという、いわゆるインナードライ肌の女性が増えていると言われています。

 

インナードライの状態が続くと乾燥肌や脂性肌にプラスして敏感肌になりやすいというのがあります。

 

また逆に敏感肌で水分が流出しやすいからインナードライということも考えられるでしょう。

 

その原因は色々ありますが、一つの原因として洗顔のし過ぎが挙げられます。

 

肌の表面が脂浮きするからと言って、自分はオイリー肌だと勘違いしてしまい、それを払拭しようと洗浄力の高い洗顔料で、一日に何度も洗顔をしてしまうのです。

 

そして必要な油分さえも奪ってしまいます。そうなると肌は、油分が足りないと勘違いしてしまい、肌表面にどんどん油分を出そうとします。

 

ところが実際は、肌の奥深くでは水分が全く足りておらず、それに伴って肌のバリア機能は著しく低下してしまいます。

 

こうなると、肌の機能がバランスを崩し、肌荒れを起こしやすくなったり、過度に乾燥したりオイリー肌になったりします。

 

そうすると季節によって湿度などが変わりますし、環境によってゆらぎやすい肌になってしまいやすいです。

インナードライ肌を改善

改善方法としては、とにかく保湿性の高い化粧水を十分に肌奥に浸透させましょう。ローションパックを出来れば毎日使用して、保湿成分を送り込みます。

 

保湿成分の中では保水力に関係しているヒアルロン酸やセラミドが大切になってきます。

 

またスキンケア化粧品も大切ですが、しっかりスキンケアのラインで使用して丁寧にケアしていくというのも大切です。

 

洗顔の回数を減らして、刺激の少ない洗顔料で洗いましょう。

 

そして、油分の少ない乳液を適量つけます。

 

ファンデーションはなるべく、リキッドのものよりパウダーファンデーションを選びましょう。

 

そして、紫外線から肌をがっちり守るためにも、UVケアはしっかり行いましょう。SPF値の高いものを選ぶものより、肌に優しいレベルの物を選んで、それをこまめに塗り直しましょう。

 

今日からすぐに、インナードライ肌を改善すべく、行動に移しましょう。


敏感肌に良い化粧水ランキング | インナードライ肌の原因や特徴


▲インナードライ肌の原因や特徴 上へ戻る