指全体を使用して洗顔を行うのが敏感肌では大事?

MENU

指全体を使用して洗顔を行うのが敏感肌では大事?

敏感肌の洗顔

洗顔を行う際に重要なのは、質が高い石鹸を使用するのは大切な事です。

 

主に質が高い石鹸は、泡立ちが良く、泡もヘタらないある程度硬さがある石鹸が良いでしょう。

 

泡立ち具合が違う石鹸を使用する事で洗顔の方法まで変わってきてしまいます。

 

泡が硬いと肌が傷つきそうですが、泡が硬めだと滑りが良い傾向にあるので、力を入れずに洗顔することができます。

 

泡が硬めで泡立ちが良い石鹸は基本的に泡がきめ細かい傾向にあります。

 

力を入れるとヘタってしまうというよりは、柔らかめの泡だと手を置いた際に逃げてしまう傾向もあるので、ある程度硬めの泡になる石鹸を使用したほうが逆に肌に優しいと言えるかもしれません。

 

洗いやすい場所と洗いにくい場所

敏感肌の洗顔

どんなに泡立ちが良い石鹸でも鼻のてっぺんなどは泡で洗いにくい傾向があります。

 

その分毛穴の黒ずみなどのトラブルなども抱えやすいのが特徴ではないでしょうか。逆に頬の部分は平面で洗いやすいので洗い過ぎにならないように逆に注意が必要です。

 

目の周りや鼻の部分は手の平が使えないため指の部分を使っていきますが、泡立ちが良くないとはより細かく動かすことが出来るので、で洗っているだけになりやすいかもしれません。

 

うまく洗えない場合には、目をしっかりつぶって出来るだけ洗いやすい状態にしてから手の平を使用していくと良いでしょう。

 

Tゾーンや鼻の周りなど皮脂量が多い場所なんかは、毛穴の中に皮脂汚れがたまり易く、常に汚れがたまり易く代謝が低下しやすい傾向にあるので、あらかじめ毛穴の中の汚れをつまみ出すようにしてから洗顔していくのが効果的かもしれません。

 

また肌表面を洗いすぎて毛穴の中の汚れが取れていない状態だと日々毛穴の中が汚れてしまうので、大人になってから出来るニキビなどのリスクなどもあるかもしれません。

 

効果的に洗顔を行う際の注意点やポイントは?

敏感肌の洗顔

洗顔をする前には蒸しタオルや温かいお湯を使用する事で毛穴を緩ませておくのが良いかもしれません。

 

毛穴を緩ませたら毛穴に押し込むように洗うのではなく円を描くように洗っていくのがポイントです。

 

泥成分など汚れがしっかり落ちやすい傾向がありますが、泥などの粒子は円状ではなくトゲトゲのような粒子をしているので、目に入ると痛みも強く出るかもしれませんので、注意して使用していくのが大切でしょう。


敏感肌に良い化粧水ランキング | 指全体を使用して洗顔を行うのが敏感肌では大事?


▲指全体を使用して洗顔を行うのが敏感肌では大事? 上へ戻る